Calender
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Profile
Selected Entries
Recent Comments
Google

Categories

Contact

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
Archives
Links
点取り占い
点取り占いブログパーツ
Search This Site




Others


カナダ -Ici et La- モントリオール

NHK『ラジオ深夜便』ワールド・ネットワークのリポーター、關 陽子のブログ。
<< ラジオ深夜便WN 10月1日のリポート | main | ケベック州の総選挙 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
- / / - / -



米大統領選を占う
アメリカの大統領選は、ついに今夜クライマックスを迎えるわけだが、
今日のThe National Post(カナダの全国紙)に、
西洋占星術による予測が載っていた。

それによると、2008年11月は、冥王星が山羊座に位置している。
冥王星は国々を司り、山羊座は政府を象徴するとのことで、
これは強力な配置だそうだ。そして、過去に冥王星が山羊座にあったのはいつか、
と調べてみると、なんと 1763年〜1778年の間だという。
つまり、アメリカ革命(独立戦争)から1776年の独立宣言を含む期間なのだ。
冥王星が250年後に戻って来たのが、今回の歴史的な大統領選挙と重なったというだけで、
私にはとても興味深い。

そして、マケイン、オバマ両候補のホロスコープを比較してみると、
両者ともにリーダーとしての資質は十分なのだが、
「冥王星in 山羊座」という状況により強くリンクしているのは、
間違いなく民主党候補バラク・オバマ上院議員だという。
ちなみに、過去50年間のアメリカ大統領と比べても、
オバマ候補の星の配置は最も強力だそう。

この記事は、「アメリカが公正な選挙を行うならば」
「オバマ氏の勝利に疑いの余地はない」と言い切っている。

カナダのメディアは、全体的にオバマ氏寄りだと思うが、
それでも、
「もしもジョン・マケイン上院議員が勝つようなことがあったら、
アメリカの政治史上最大の番狂わせ(ネガティブな意味で)だ」
などと書かれているのを読むと、はっきり言うなあ、と感じる。

長い戦いが終わるまで、あと数時間。


Posted by 關 陽子
アメリカ / 15:09 / comments(2) / trackbacks(0)



スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
- / 15:09 / - / -



COMMENT
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2008/11/05 7:17 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2008/11/06 10:22 AM |









Trackback URL
http://canadays08.jugem.jp/trackback/83
TRACKBACK