Calender
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

Profile
Selected Entries
Recent Comments
Google

Categories

Contact

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
Archives
Links
点取り占い
点取り占いブログパーツ
Search This Site




Others


カナダ -Ici et La- モントリオール

NHK『ラジオ深夜便』ワールド・ネットワークのリポーター、關 陽子のブログ。
<< 2016年09月04日のつぶやき | main |
モントリオール世界映画祭、 『たたら侍』と『健さん』が受賞!

現地時間9月5日の夜、第40回モントリオール世界映画祭授賞式が行われました。

 

グランプリ(最優秀作品賞:Grand Prize of the Americas) に輝いたのは、
『THE CONSTITUTION・USTAV REPUBLIKE HRVATSKE』
(クロアチア、チェコ、スロベニア、マケドニア)
監督:ライコ・グゥルリッチ(Rajko Grlic)

 

日本からの出品作では、
『たたら侍』が最優秀芸術貢献賞(ワールド・コンペティション部門)、
『健さん』が最優秀ドキュメンタリー賞(ドキュメンタリー部門)
を獲得しました。

 

『健さん』は、モントリオール世界映画祭とも縁が深い俳優・高倉健さんの魅力を探ったドキュメンタリー。

「健さん」とゆかりのある国内外20名以上の証言をもとに作られています。

 

ニューヨークを拠点とする日比遊一監督は、「(うれしい)ショックを受けています」と、英語で挨拶。

高倉健さんが1999年『鉄道員(ぽっぽや)』で主演男優賞を受けたことにふれ、とても意味のある受賞だと喜びを語られました。

 

『ブラック・レイン』で共演したマイケル・ダグラスや、マーティン・スコセッシ監督、ジョン・ウー監督ほか、証言者として出演したビッグ・ネームに謝意を表した後、日比監督は「偶然ですが、この会場に中井貴一さんが…」と、中井氏にお礼を述べられました。


今回『グッドモーニング・ショー』の主演俳優として高い評価を得た中井貴一さんは、『健さん』では語り(ナレーション)を担当されているのです。

 

『たたら侍』の錦織良成監督は、「このような賞をいただいて光栄です」
そして、「この映画を観ていただいて、侍のイメージが変わればと思っています。この映画を通じてLove,dream,happiness,and Peace(愛、夢、幸せ、そして平和)を送りたいと思います」と、話されました。

 


というわけで、いろいろあった今回のモントリオール世界映画祭、閉幕しました。
残念ながら、「無事に」とは言えません。

 

授賞式のはじめには、審査員のひとりが突然亡くなったという悲しいニュースが伝えられ、皆で黙祷。

 

亡くなったのは、ワールド・コンペティション部門の審査員を務めていたイギリスのプロデューサー、ドナルド・ランヴォ氏。

2004年のアカデミー賞で4部門にノミネートされた『シティ・オブ・ゴッド』の製作総指揮、『セントラル・ステーション』、『ナイロビの蜂』(レイチェル・ワイズが2005年のアカデミー助演女優賞を受賞)
のエグゼクティヴ・プロデューサーとして知られる方です。

 

現地メディアの報道によれば、9月5日未明、ホテルの部屋で心臓発作を起こされたよう。

 

今回の映画祭については明日また、いろいろ書きたいと思っています。
よかったらまた、来てくださいね。

 

ドナルド・ランヴォ氏のご冥福をお祈りしつつ……。

Posted by 關 陽子
モントリオール / 18:41 / comments(0) / trackbacks(0)



COMMENT









Trackback URL
http://canadays08.jugem.jp/trackback/207
TRACKBACK