Calender
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Profile
Selected Entries
Recent Comments
Google

Categories

Contact

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
Archives
Links
点取り占い
点取り占いブログパーツ
Search This Site




Others


カナダ -Ici et La- モントリオール

NHK『ラジオ深夜便』ワールド・ネットワークのリポーター、關 陽子のブログ。
<< 2015 ! | main | プリンス・エドワード島のポテトに縫い針 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
- / / - / -



『ラジオ深夜便』1月22日のリポート
NHK『ラジオ深夜便』ワールド・ネットワーク、
カナダ モントリオールより、1月のリポートです。
聞いてくださった方、ありがとうございます!

今回は、

1. アカデミー賞にノミネートされた『かぐや姫の物語』の評価
2. 
プリンス・エドワード島のポテトに縫い針!
3. 
緑茶の人気、ますます上昇。

の3つの話題でお届けしました。

いつものように、放送ではお話しできなかったことや、
新たな情報を加えて記しておきます。



アカデミー賞アニメ部門にノミネートされた『かぐや姫の物語』。
海外での評価と反応は?


第87回アカデミー賞のアニメーション作品部門で、
高畑 勲監督による『かぐや姫の物語』がノミネートされました。
高畑監督がスタジオ・ジブリの創設者の一人であることや、
今回初めて、宮崎 駿氏によるものではないジブリ作品が、
ノミネートされたことなどが注目されています。

手描きの線や、水彩画による絵本のような画風が、
かえって新鮮で美しいという意見が多数。

「最新の技術を駆使して古風な世界を表現している」
といった評価が主流です。

驚いたのは、辛口で知られる映画評サイト『ロッテン・トマト』が、
『かぐや姫の物語』に100%の評価を与えていること。

このサイトでは、映画作品を星の数ではなく
トマトの新鮮さで評価しています。
素晴らしい作品=新鮮そのもの
最悪=腐ったトマト(Rotten tomato)

というわけです。

『かぐや姫の物語』には、批評家たちから寄せられたレビューが58件。
全員が「新鮮」だと評価したため、おいしさ100%のお墨付きです。

ちなみに、同サイトでは、映画ファン(一般の観客)による評価でも、
10点満点中8.4ポイントを獲得。



ネガティブな反応についても、少し紹介しておきましょう。

カナダの新聞 The Globe and Mail(1月15日)は、
意外性(どちらかというと悪い意味で)にあふれた
今回のアカデミー賞候補作のなかでも、
特に意外だったのが『かぐや姫の物語』だったと書いています。

Although well-reviewed, the story was, frankly, depressing.
It turns out most 10th-century Japanese folk tales do not have happy endings.

評価が高いことは認めるけれど、
記者にとっては「気が滅入るような物語」で、
「そもそも10世紀の日本民話のほとんどは、
ハッピー・エンドには終わらないようだ。」
だそうです。

日本の民話が、Happyな結末を迎えるかどうかやその割合なんて、
いままで考えたこともありませんでしたが、
ちょっとおもしろそうなテーマではありませんか?

たとえば『桃太郎』なら、日本の民話においてはまれな
ヒーロー・ストーリーかつハッピー・エンドの物語ということになるのかな、と。

 
あるいは『浦島太郎』なら、
最後にはいきなりお爺さんになってしまったり、
その後は鳥に変身したり、
欧米的な価値観では不幸な結末=アンハッピー・エンドなのかもしれないけれど、

タイムトラベルの要素もあるし、
竜宮城での出来事は美しいシーンに演出できるだろうし、
ハリウッド映画の原作として、
​充分魅力的な要素を含んでいると思うのですが、いかがでしょう?

乙姫が「開けてはいけない」玉手箱を贈る矛盾とか、
好奇心に負けて約束を破ってしまう太郎の葛藤だとか、
ドラマになりそうな要素、満載ですよね。

いじめられていた亀を助けたお話なので、
動物愛護団体からのサポートもあり得るかも(?)
Posted by 關 陽子
『ラジオ深夜便』 / 10:01 / comments(0) / trackbacks(0)



スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
- / 10:01 / - / -



COMMENT









Trackback URL
http://canadays08.jugem.jp/trackback/190
TRACKBACK