Calender
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Profile
Selected Entries
Recent Comments
Google

Categories

Contact

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
Archives
Links
点取り占い
点取り占いブログパーツ
Search This Site




Others


カナダ -Ici et La- モントリオール

NHK『ラジオ深夜便』ワールド・ネットワークのリポーター、關 陽子のブログ。
<< NARUTOが完結。懐かしいなあ。 | main | カナダのワースト・ドライバー(?) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
- / / - / -



ノーベル賞のメダルが買える ?!
DNAの発見で1962年にノーベル賞を受賞した分子生物学者が、
メダルをオークションにかけるというニュースに驚きました。

ジェームズ・ワトソン博士。86歳。
フランシス・クリック博士、モーリス・ウィルキンス博士らとともに、
DNAの二重らせん構造を発見し、
ノーベル生理学・医学賞を受賞した科学者です。

彼に贈られたメダルは、12月4日(木)、
ニューヨークのクリスティーズでオークションにかけられる予定。
受賞者の存命中にノーベル賞のメダルが売買されるのは前代未聞で、
3.5ミリオン・ドル前後の値がつくのではと予測されています。
ちなみに、リザーブ(それ以下の金額では落札できない)は2.5ミリオン・ドル。

ワトソン博士は、2007年、人種差別的な発言がもとで非難され、
その結果として職を失い、経済的に厳しい状況だとか。
メダルを売ればお金になるというだけでなく、
失言によってアカデミックな世界にも居場所を失ったので、
持っていても仕方がないという思いもあるのだそうです。

ノーベル賞以外にも数々の栄誉を浴び、
偉大な科学者として知られた人が、
いまでは「存在をまったく無視され」、
「つまはじきにされ」ている(本人の談)というのですから、
人生、最後までわからないものですね。

メダルを手放す大きな理由が、
「どうしてもデヴィッド・ホックニーの絵が欲しい」
というのも、ギャップがあって最高におもしろい!
ホックニー氏がどう思っているのか、知りたいなあ。

さて、問題の発言は、アフリカ系の人々の知能が白人に劣るというもの。
イギリスの新聞『サンデー・タイムス』の取材に、
「アフリカの将来を心から憂いている」と話した際、
その理由として「すべての社会政策は、彼ら(アフリカ系人種)が
我々(白人)と同等の知能を持っているという前提に立って行われているが、
実際はそうではない」
「アフリカ系人種のIQは白人のそれに比べて低い」
などと説明したことで、大きな騒ぎになったそうです。

というわけで、どんなオークションになるのか、楽しみ。




 
Posted by 關 陽子
- / 16:37 / comments(0) / trackbacks(0)



スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
- / 16:37 / - / -



COMMENT









Trackback URL
http://canadays08.jugem.jp/trackback/178
TRACKBACK