Calender
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< April 2014 >>

Profile
Selected Entries
Recent Comments
Google

Categories

Archives
Links
点取り占い
点取り占いブログパーツ
Search This Site
Contact







本が好き


Others


カナダ -Ici et La- モントリオール

カナダの最新情報、北米事情、
ちょっと気になるあちらこちらのニュースを、
モントリオールよりお伝えします。
スポンサーサイト
この広告は45日以上更新がないブログに表示されております。
新しい記事を書くことで広告を消すことができます。
にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
Posted by スポンサードリンク
- / / - / -



地球寒冷化
この冬は、世界中、いつもより寒いみたいです。

アメリカのなんとフロリダ州でも、
最低気温を記録したとか、しないとか。

もともと寒いカナダモントリオール周辺は、
東京で雪が降った頃は、こちらの方が暖かいくらいだったし、
先週日曜日にはプラス6度だった気温が、
火曜日あたりからマイナス20度台になり、
風が吹けば「体感温度−35度」とかいう恐ろしい数字が聞こえ、
来週前半にはまたプラス3度の予報です。

10日ほどの間に摂氏40度もの気温差に翻弄されたら、
体調が悪くなっても不思議じゃない。

ガレージで凍ったペットボトル
ガレージに置いてあったペットボトル。
完全に、凍ってます。

続きを読む >>
にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
Posted by 関 陽子 
Ici / 17:04 / comments(0) / trackbacks(0)



大島 渚監督の訃報
大島 渚監督が、お亡くなりになったとのニュースにショックを受けました。
心から、ご冥福をお祈りいたします。


幸運なことに私は、27歳くらいの頃、

大島監督にインタビューをさせていただいたことがあります。

ある女性誌の「悪女」をテーマにした特集で、

ファム・ファタール(Femme fatale)について、お話を伺いました。


大島監督の代表作品に、日本の犯罪史に輝くファム・ファタール(?)、

阿部定をモチーフにした『愛のコリーダ』があったからです。

インタビューの内容についてはあまり憶えていないのですが、

大島監督の印象は、表情や声を含めて、それはそれは強く刻まれて残っています。 

「オーラとはこういうもののことをいうのか!」と、輝くような存在感に圧倒されました。 


大島渚監督は、当時50代。

男性なのにお肌がつやつやで、驚いたことも憶えています。

眼鏡の向こうの眼光の鋭さや、鋭いなかにある柔らかさも。


追悼の想いを込めて、『戦場のメリークリスマス』を観ようと思います。

俳優としての北野武さん、坂本龍一さん、デヴィッド・ボウイさん……。

そして、音楽家としての坂本龍一さんによる、あの素晴らしいサウンドトラック!


まだ観たことがない方は、ぜひ!


R.I.P.

合掌






にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
Posted by 関 陽子 
Ici / 17:14 / comments(1) / trackbacks(0)



アカデミー賞、ケベック映画が今年もノミネート
第85回アカデミー賞のノミネーションが発表されました。
カナダでは、「外国語作品賞」にケベックフランス語作品が
3年連続でノミネートされたことで、
カナダ人(“ケベック人”以外の、という意味ですね)も、
もっとケベック映画を観るべきだ、との声が聞こえてきたりもします。

今回ノミネートされたのは、キム・ヌグヤン監督の『レベル - Rebelle』(アメリカでは『War Witch』というタイトルで公開)です。

オリジナル・ポスター

アフリカの紛争地域を舞台に、
14歳の少女が「闘い」について自分の経験を、
おなかの赤ちゃんに語りかけるという内容です。

私は、戦争、紛争、圧倒的な暴力、大量の血…といった映画が苦手なので、
たとえ世界的な評価が高くても、つい敬遠してしまいます。

でも、ヌグヤン監督が10年ほど前からこの題材をあたためていたのだと知って、
私は俄然、興味を持ちました。

この作品は、私自身も衝撃をうけた事実にインスパイアされているとのこと。
がんばって観てみよう、と、思う……。









にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
Posted by 関 陽子 
ケベック / 19:23 / comments(0) / trackbacks(0)